スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱中症対策は血液量が大事?!
昨年より増えているという熱中症。
熱中症の予防法や対策などで
テレビや雑誌などでも活躍されている
信州大学大学院加齢適応医科学系教授の
能勢博さんにお話を伺いました。

── 能勢さんから有効な熱中症予防法をお聞きしたのは
   夏前のことでした。熱中症を予防するのに効果的な
   ことは夏前に集中的に運動して、汗腺機能を高め
   血液量を上げることも重要だと。

能勢 そうです。そうして暑さに強い体にすることが
   熱中症対策や暑さに強い体づくりにつながります。

── 血液量というのは意外でした。あまり考えたことが
   なかった。

能勢 人間は二本足(立位)で動いたり、運動するので
   循環調節に大きなリスクを持っている。
   立った姿勢では、全血液量の70%が心臓より
   下に位置しているわけです。そのため、
   例えば脱水によって血液量が少しだけ減っても
   心臓に戻る血液量を維持できず、
   心臓から送り出される血液量が減少してしまう。
   その結果、動脈圧を保てなくなって
   脳に十分な血流を供給できず、失神してしまうのです。

── なるほど。血液の約80%は水分でしたよね。
   だから、脱水すると血液量も減るわけですね。

能勢 そうなんです。でも、その失神を防止するために
   心臓に返ってくる血液量を
   心房にある圧受容体というところが絶えず
   モニターしていて、低下した場合には、
   すぐに皮膚の血管拡張を抑えて、
   皮膚の血流量を低下させるんです。

── 血流量を下げることで、脳への血流を確保しようと。

能勢 ただ、それに伴って発汗量も低下してしまう。
   その結果、皮膚表面からの熱の放散量も少なくなり
   うつ熱が起こる。つまり、体に熱がたまってしまう。
   最悪の場合、熱中症に陥ります

── そこで血液量が問題になるというわけですか。

能勢 そうです。あらかじめ高い血液量を確保しておくことは
   熱中症対策になるのです。

── そのためには、やや暑い環境で、ややきつい運動を
   1日30分行って、大量の汗をかくのを、若い人なら
   1週間ほど行えばいいと。先生が提唱している
   インターバル速歩も効果的だとか。

能勢 ええ、そうなんです。高齢者でも8週間程度行うと
   大きな効果が期待できます。
   そしてもうひとつ血液量を上げるには、
   運動直後に糖質とたんぱく質を含む食品をとること。
   血中アルブミン量が増加するため、
   血管外から水を引き込む。その結果、血液量の増加が
   摂取しない人に比べて2倍亢進したんです。

── 2倍とはすごいですね。糖質とたんぱく質を含む食品
   というといろいろありますが。

能勢 手っ取り早くてバランスがいいのは牛乳です。
   ヨーグルトなどの乳製品でもいい。

── なるほど! 牛乳ですか。
   ただ、飲むだけではだめなんですよね。
   
能勢 ええ、ただ飲むだけではダメです。
   きつめの運動をした直後に飲む。そこは重要です。
   
── さて、真夏になってしまった今
   運動をするのは逆効果な場合もありますよね。
   今、効果的なことはありますか。

能勢 はい。今のような高温の環境下で
   体温調節のためにも発汗は重要ですが、
   それによって生じる血液量の低下は食い止めたい。
   発汗量と血液量ををいかに維持するか、
   そのためには効率のいい水分補給が重要。
   水よりスポーツドリンクの方がいいですね。
   
── なぜ水よりスポーツドリンクなのでしょうか。

能勢 ポイントは、スポーツドリンクに含まれる糖と塩です。
   腸管から吸収される際に、ブドウ糖と一緒だと
   吸収速度が早く、効率良く吸収されます。
   これは、腸管上皮細胞にNaイオンとブドウ糖の
   共輸送体というのが存在するからです。
   例えば、0.9%の食塩水の腸管での吸収速度は
   真水の10%なのですが、それに1%のブドウ糖を
   添加するだけで真水並みの吸収速度になります。

── つまり、ブドウ糖を入れることで真水より
   腸管からの吸収速度が速くなるから
   水よりも早く体内が潤うということですね。

能勢 同時に、血液量を回復させるためには、
   吸収された水分が血管内に
   とどまっている必要があります。
   食塩を摂取することで血液中の浸透圧が維持され、
   摂取した水分が血液から細胞内に移動したり、
   尿中に排泄されることを防ぐのです。なので、
   塩分とブドウ糖がバランスよく配合された
   スポーツドリンクは
   すばやい水分補給に適しています。 

── 私は汗っかきなくせに、水分の補給を忘れがちです。
   気をつけなくてはですね。

能勢 そうですね。汗と尿の量がいつもより少なくなったり、
   尿の色がいつもより濃くなったと感じたら、要注意。
   のどが渇く前にこまめに補給するのもポイントです。

── 先生、ありがとうございました。
   特に高齢者は、発汗機能や暑さやのどの渇きを感知する
   機能も鈍っているといいます。
   室内の温度の上がりすぎに注意して、無理をせず
   水分補給を心がけ、夏を乗り気りましょう。
スポンサーサイト
頭痛の人が増えています
震災や余震の影響で頭痛に
さいなまれている人が
多いと聞きました。あなたは大丈夫ですか?
私は肩がバキバキに凝っていますが、
その凝りが頭痛の原因になることも。
そこで、近畿大学医学部神経内科のお医者さん、
西郷和真さんに頭痛について原因と対処法を
教えてもらいました。
以下は、西郷さんによるお話です。
頭痛にもいろいろあるので、
じっくり読んで、
頭痛チェッカーでチェックしてください。

急性頭痛と慢性頭痛
頭痛には大きく分けて、2つあります。
ひとつは急性の頭痛と慢性の頭痛です。
避難所での生活が長くなると、
さまざまなストレスが出てきます。
このストレスやイライラが頭痛を
誘発したりすることも多いのです。

急な頭痛が襲ってきたら要注意!
急性頭痛とは、今までなかったのに新しく出てくる頭痛のこと。
脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の原因に
なることがあるので、急ぎの治療が必要になります。
避難された方で、飲んでいた薬が切れてなくなった人や、
薬を津波で流された人が多いようですが、
薬の切れていらっしゃる方は要注意です。
特に生活習慣病である高血圧や
糖尿病の薬が切れている方の頭痛には注意が必要です。
その場合、高血圧になっている可能性が高く、
高血圧は脳出血や脳梗塞を発症する一番の要因とされています。

避難所では薬の確保と水分補給を
お薬を手に入れることです。また、避難所のトイレを敬遠して
脱水になることは脳梗塞を引き起こします。
寝る前にコップ1杯の水を飲んで、
少しでも暖かくして寝るようにしましょう。
さらに頭痛に、手足のしびれや運動麻痺を伴う場合は
脳梗塞や脳出血の可能性が非常に高く神経内科、
脳神経外科などの専門科の受診が必要です。

片頭痛は要因から
遠ざかる工夫を

もうひとつが、慢性頭痛。
以前からの頭痛持ちの人は、自分の頭痛の誘発、
要因を遠ざけることが大切です。
特に若年~中年女性に多い片頭痛の人は要注意。
例えば、避難所では、タバコの分煙ができていない
環境のことが多く、タバコのにおいで頭痛を
誘発する方がいらっしゃると予想されます。
また人混みの中で生活するだけで、
片頭痛を誘発する方もいらっしゃいます。
さらに、生理やホルモンバランスの異常も
片頭痛を誘発されるといわれています。

このように特に避難所などでの生活は
慢性頭痛の要因でいっぱいです。
この片頭痛にはトリプタンと呼ばれる
頓服薬が効果があります。
頭痛がひどく、お薬でもコントロールできないような
ひどい頭痛の方は、できる生活環境を早急に
改善して頂く必要があると思います。
思い切って東北を離れて避難生活を
することも必要かもしれません。  
片頭痛かどうかの判定には、
頭痛医療推進委員会監修の片頭痛スクリーナーを
簡易判定として使用していただき、
医師とご相談ください。
(近畿大学医学部神経内科・西郷和真)

頭痛のタイプをチェック!
4項目のうち「ときどき」「半分以上」が
2つ以上あると片頭痛の可能性が高いとされます。
MY頭痛チェッカー
揺れてる~感じがとれないときは
揺れてないのに揺れてる気がする──
震災や余震の影響で「地震酔い」に
さいなまれている人が多いようです。
私もことあるごとに揺れてます。
あなたは大丈夫ですか?
そこで、近畿大学医学部神経内科のお医者さん、
西郷和真さんに地震酔いについての原因と対処法を
教えてもらいました。
せひ参考にしてくださいね。


地震酔いの正体と対処法

私の病院オフィスは5階にあって、
震源地から約1000km離れた大阪でも震度は3を記録しました。
3月11日のあの大地震のときです。
そのときの私は
「いよいよ私もめまいを感じる年になったのか?」
と一瞬、落胆したのですが、
その後すぐに「めまい」ではないことが判明しました。
なぜなら、病院の秘書さんにこの話をすると、
同じように「めまい」と感じている人が
数人いらっしゃったのです。
そこからすぐに「地震?」と考えてNHKテレビを付けたのが
私の東日本大震災を知った瞬間でした。
結局この揺れはプレート型の地震のため
阪神大震災の直下型の突き上げるような上下振動ではなく、
ゆっくりと円を描くようなゆっくりした揺れであったことから
「めまい」と混同した人が多いようでした。

これが、最近にわかに新聞紙上を賑わしている
地震酔いの正体です。
医学的には「地震酔い」という言葉はなく、
「めまい」の範疇に入る用語と考えます。
「車酔い」や「船酔い」と基本的には同じ症状で、
慢性的な病気ではありません
普通の人なら、地震がおさまって
数分から10分程度でおさまります。
しかし今回は余震の回数や強さが非常に多いために、
地面が揺れている感じが取れない方が多いようです。
いまだに余震の多い東北、関東の方は
「地震酔い」を感じる方がたくさんいらっしゃると
聞き胸を痛めております。
いずれにしても、
持続する病気ではないので、
自分に「そのうち止まる」と
暗示をかけるだけでも効果があります。
また深呼吸やウォークキングなどじっとしているよりも、
少し動いた方が紛れることが多いようです。

対策1「そのうち止まる」と暗示をかける
対策2 深呼吸をする
対策3 ウォーキングなど歩いたり、体を動かす


一方、めまいが1時間以上おさまらず、
ずっと持続する場合は注意が必要です。
避難所生活で極度のストレスと余震による恐怖により
耳の中のバランスをつかさどる三半規管の異常から
「天井がぐるぐる回る」と表現されるような
回転性めまいのメニエル病を発症することもあります。

また、めまいに合わせて手足のしびれ
運動麻痺を伴う場合や、
血圧の高くなっている場合には
脳梗塞や脳出血の可能性もありますので、
このようなときには耳鼻咽喉科、神経内科、
脳神経外科などの専門科の受診が必要なこともあります。
可能なら専門医を訪ねてください。

近畿大学医学部神経内科・西郷和真
Copyright © 2006 izumups All Rights Reserved
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。