スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯ブラシがないときの歯磨法
「災害に見舞われたときの心や
体の健康維持は、とても難しいもの」
というのは、世田谷の岡本歯科の歯医者さん、
吉岡公成さん。
災害時には歯のお掃除も二の次になってしまうと
思いますが、簡単にできる方法はありますか?

吉岡 歯ブラシがない場合は、
   ガーゼなどがあれば、
   指に巻いて歯面を拭くのがいいと思います。
   通常、赤ちゃんに行う方法ですよね。
   もしくは、ツマヨウジなどがあれば、
   先を噛んでで柔らかくし、
   それで歯の間などをそうじするのもいいですね。

── 昔の人がやっていたという方法ですね。
   ツマヨウジもガーゼもなければ?

吉岡 指でマッサージなどをするのも有効だと思います。
   もし、歯ブラシがあれば、歯磨剤は必要ありません。

── 歯ブラシで掃除をするだけでよいということですね。

吉岡 そうです。あとは、塩と水があれば塩水を
   作って口に含ませてブクブクうがいをするのもいい。
   コップ1杯の水にスプーン1杯の塩が目安。

── 先生は、虫歯や歯周病にも塩水が効果的ではないかと
   おっしゃってますよね。

吉岡 はい。塩が虫歯や歯周病の原因菌を殺菌すると
   米国の歯周病の専門医も提唱しています。
   ですので、口のすみずみにまんべんなくいきわたらせる
   意識で。子どもにもお薦めです。

塩水うがいは日々の歯周病対策にも
ぜひ覚えたいですね。
歯磨きができない環境の際にも
覚えておいて実行したいものです。
スポンサーサイト
Copyright © 2006 izumups All Rights Reserved
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。